まいめるとカメさんのシェアハウス

のんびりまいめるとかめさんの日常系あれこれ。

カメさんの顔ですよ。

 

 

まいめる です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年もあとわずか。。。

 

 

 

バタバタと忙しくしている方も

 

既にリゾートで年越し態勢な方も

 

 

この一年を振り返って

色々、思うところがあるでしょう...

 

 

 

 

 

かくいうまいめる は

 

「転機の一年」

 

 

いう様な状況だったのにもかかわらず

 

相変わらずの

「危機感」無しで

 

ノンベンダラダラと

流されるままに過ぎ去った一年、

 

だった様な(-。-)

 

 

 

 

 

 

そんな中

 

 

このブログを始めたってことが

”奇跡”に近い出来事!!!

 

 

 

何を考えているのやら

まいめる 自身にもよくわからない.....

 

のですが

 

 

 

その

”奇跡”の源とも言える

きっかけとパワーをもらえたのが

 

『カメさん』

 

だったと思います(oへo)

 

 

 

 

 

 

今回は

 

そんな”カメさん”の成長過程を

「顔」

にクローズアップして

紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

何故に”カメさん”なのか?

 

 

あれは.....

 

もう思い出せない程むかしの話。

 

 

 

 

思い出せないので

何も書けないんですが(^^;;;

 

 

 

何か「ペット」を飼いたくなった

(のだと思う)

 

それでも

わんこ、にゃんこ系の哺乳類は

結構、お世話が大変そう

(と思ったのだろう)

 

お魚系はすぐに死んじゃいそう

(と思ったのだろう) 

 

そういえば小さい頃に

カメさん飼ってた気がするかも!!!

 

 

って流れだったと思われ(^^;;

 

 

 

それで

 

カメさん目当てに

近くのホームセンターの

”ペットコーナー”に行って

運命の出会いをする!

(ここでミュージック♪〜)

 

 

 

 

 

当時

ミドリガメは300〜400円くらい?

ゼニガメが600円くらいだったかな...

 

 

ゼニガメの方が

甲羅がゴツくてカッコよかったし

焦げ茶色の甲羅がツヤツヤした感じも

可愛かったので

”即決”したのは記憶にあります。

 

 

 

 

 

そんな訳で

まいめる 家にやってきた

ゼニガメ(クサガメ)のカメさん。

 

 

 

 

色々と探してみて

一番古い写真がこちら↓

 

2004年頃

f:id:mightyandmelt:20180915093545j:image

 

正確な年齢は不明ですが

甲羅を見る限りは

”4歳”か”5歳”くらい?

 

2004年で4歳って事は

「ミレニアムベビー」ちゃんかな?

 

 

 

まだ

子供の証である”斑紋”が

目にも顔全体にもくっきりはっきり

出ています。

 

見ようによっては

「キモい」模様も

敵から身を守る為のもの。

 

 

 

 

 

 

そして次の写真では↓

 

2009年頃

f:id:mightyandmelt:20181220184218j:image

 

目の斑紋はすっかり消えてしまい

「クリクリお目目」になって

顔の模様もかすれてきていますね。

 

 

いかにも爬虫類って感じが

ちょっとなくなってきたかな...

 

 

目が変わるだけで

印象も変わるのは人と一緒ですね!

 

 

 

 

 

 

そして今年の「顔」がこちら↓

 

2018年

f:id:mightyandmelt:20181220185638j:image

 

もぉーーー!

 

別人じゃないっすか!!!

別カメか...(=。=)

 

 

真っ黒ツヤツヤで

エグい模様があったとは思えない!

 

 

 

 

 

ちょっと

並べて見比べてみましょう。

f:id:mightyandmelt:20181224211437j:image

 

うーーん。

 

全然違う。。。

 

 

 

派手なヤンキーが

落ち着いたオヤジになってしまった.....

 

ってイメージです(@。@;;

 

 

 

 

 

2000年生まれだとすれば

18歳。

 

 

人間ならまだまだ子供ですが

 

クサガメの寿命は

20年〜30年らしいので

 

やっぱり

いい歳の”オヤジ”なのかなー。

 

 

 

 

 

長生きして欲しい。。。

 

 

 

そう

切に願うまいめる でした。

 

それでは、また。